トップ

不妊治療の費用とは

不妊治療の費用の心配を解消

不妊治療の種類と費用とは

不妊治療はどの程度続けなければならないのか、よく分からなく心配だという人も多いかと思います。そのため、なかなか腰が上がらない人も少なくありません。しかし、不妊治療を受けるなら、なるべく若いうちに受けておいた方がいいでしょう。

不妊治療の正しい知識をお届けするサイトはこちら。

不妊治療と一言で言っても、その方法はさまざまです。多額の費用がかかる治療法から、意外と安く済む治療法まであります。どのくらいまでの金額なら使えるのか決めた上で、しっかりと予算計画を立てましょう。そして、治療にかかる費用と不妊の原因などを考慮して最適な治療方法を選ぶことが大切です。

まず、比較的安い費用で済む治療法としてはタイミング法と人工授精が挙げられます。タイミング法は超音波検査などを行い、医学的な観点から排卵予想をして、それに合わせたタイミングで性行為をするというやり方です。1回でかかる費用は1万円以下で済み健康保険も適用されます。しかし、妊娠確率は低めです。

人工受精はあらかじめ精子を採取しておき、タイミング法と同じように超音波検査などで排卵予想をして、そのタイミングに合わせて精子を注入し人工的に受精させます。費用は1回3万円以内ですが、妊娠確率はタイミング法より少し高くなる程度です。

効果が高いとされる顕微授精や体外受精に関しては、健康保険が適用されないこともあり高額です。顕微授精は体外で精子と卵子を受精させてから、ガラス管を使って人工的に受精卵を作ります。その受精卵を子宮内へ戻すというやり方です。1回の治療で30万円から60万円ほどかかり、トータルでみると平均で166万くらいになるでしょう。

体外受精は体外で受精させるところまでは顕微授精と同じですが、自然に受精卵が作られてから子宮内へ戻します。1回の治療でかかる費用は顕微授精と同じくらいです。トータルでかかる費用は平均で134万円で、顕微授精より少し低めになっています。

費用がかかりすぎて受けるのをためらってしまう人には、助成金を申請するといいでしょう。経済的な負担が軽減されます。また、不妊治療は医療費控除の対象です。そのため、税金が少し安くなります。治療を受けた年の分は忘れずに確定申告をしておきましょう。

Copyright © 不妊治療の費用の心配を解消. All rights reserved.